お財布には優しいんだけど・・・

年のためか、コーヒーが飲めなくなってきました。

以前は仕事中にはいつも、缶コーヒーを2~3本飲んでいたのですが、最近コーヒーが胃にもたれて、1日1本飲めるか、飲めないか程度です。

その分お財布には優しいのですが、仕事の効率も缶コーヒーを2~3本飲んでいた頃より、落ちているような気がします。レイクで増額【消費者金融で増額】

こんな調子だと、結局お給料も下がって、結局お金の面ではどっちが得なのか、良く分からないと思います。でも気分的には、コーヒーを沢山飲んで、仕事を頑張る方が気持ちが良い気がします。

全国のコンビニエンスストアや金融機関のATMで使えるカードローン

給料日前の臨時出費がある月があります。
予期せぬ時に臨時出費がやってきます。預貯金がないわけではないです、ほとんどが定期性預金にしているので、すぐに換金はできません。
それでも出費しないといけないし。お金を貸してと親族とかにいうのも信用を無くすので、結局自分で何とかしています。
最近は、カードローンを利用しています。
一度カードローンの手続きが終わると、設定枠の範囲内ならば、自由に借り入れや返済ができるのです。
特に、夜中にお金が必要になった場合でも、全国のコンビニエンスストアや金融機関のATMが使えるので便利です。
金利設定は高めですが、臨時返済を組み合わせることで支払額もおさえることができます。

意志は弱いけど貯金がしたい!

仕事をしてお給料を手に入れても、気が付くとあれやこれやと出費が重なり、翌月の給料日までお財布とにらめっこ。これでは、なかなか貯金はできませんね。

年収1/3以上貯金するぞ!」

と心に決めたなら、貯金のためだけの口座を一つ作ることをお勧めします。

生活資金をプールしておく口座とは別に、純粋に貯金するだけの口座です。通帳もキャッシュカードも、普段は引き出しの奥深くに眠らせておけば、引き出す前に冷静になれますよ。

この出費、本当に必要? と考える癖がついたらこちらのもの。
給料日に、あらかじめ決めておいた額を貯金口座に振り込んでしまうとなおいいでしょう。

欲しかったあれこれ、夢のままで終わらせるのはもったいない!
貯金、始めてみませんか?

借りやすいけれど返済は必ず必要です

消費者金融にしろ、カードローンにしろ、とにかく以前よりも借りやすいものとなってきました。特に、契約するときの手続きというものは、とても簡単なものになりました。保証人が不要なことはもちろん、収入証明書が不要なこともあります。

でも、借りたものは必ず返済しないといけません。気軽に借りることは簡単ですが、返済することはたやすいことではありませ。このことは、きちんとわかっていないといけません。

今では、給料日前にちょっとお金が足りないとかいう理由からカードローンを利用する人も多いそうです。安易に利用することは、返済に苦労することにもつながります。

安い材料でも充分です

とりあえずキャベツと卵が冷蔵庫の中にあれば、ほかにたいして材料がなくたって1日2日くらい普通に生活できます。これといってなんの問題もありません。

キャベツは立派な野菜ですし、卵は完全栄養食品です。インスタントラーメンを美味しい!美味しい!と有り難がって食べるより、野菜炒めと卵焼きを作って食べた方がどれだけ身体が元気になることかと思います。

そういうことを知っていればお金の節約もできてカラダも元気になりますよ。

今日は大晦日。私は朝から大掃除、妻はお正月の買い出しに近所のスーパーへ行っていました。

もしかしたらと気にはなっていたのですが、妻がまたお金が欲しいと言って来ました。

アコムの審査に落ちた方はこちらもチェック

先日、お正月を過ごせと私の親から貰っていたお金がまた減ってしまいます。本当に妻の浪費には困ったものです。
妻はパートで仕事しているのですが、食費と雑費だけならパートの給料で十分賄えそうなものなのですが、いつも1~2万円渡しているのが現状です。
仕方なし1万円を手渡した私。出来るだけ使わずに貯金しておきたかったのに残念です。

利用時の計画性が問われる消費者金融

消費者金融では、サービスを活用する際の計画性がたいへん重要であると考えられています。こうした考えや概念は多くの人たちの間で強く認識されるようになってきているため、しっかりとした活用計画のもとに消費者金融の利用がなされているのではないかと推測されています。

このような消費者金融の利用の在り方は、これからも徹底されていくものとみられています。安全で効果的な消費者金融の利用に直結することであるため、重要視される傾向が強くなっていくのではないかと思います。金融業界からは大きく注目されていくのではないかと予測されています。

突然無職になりお金に困ったときがありました

もう昔のことですが私は小さな工場で働いていました。
従業員は私をいれて3人という本当に小さな会社でした。
ある朝、会社に行くと突然社長から「今日で会社は倒産します」と言われました。
私は「えっ!」と驚きましたが、どうにもなりません。
社長から「今までありがとう」と言われ社員に封筒が渡されました。
なかを見ると5万円入っていました。
さて、その日から私は無職になりました。
当時、車を買ったばかりで本当にお金のやり繰りに困りました。
そんな時、サイフのなかに正社員のころに作ったアコムのカードがあったのを思い出しました。
近所のアコムの無人店舗に行ってそのカードを使ってみるとお金が借りられ本当に助かりました。
新しい仕事が決まるまで私を救ってくれたカードでした。

スーパーは節約の為に必須です

近所のスーパーは夕方になると、食料品などが半額になるのでいつもとても助かっています。知り合いから教えてもらったのですが、家からちょっと離れたスーパーではなんと夕方以降に、価格が通常の四分の一になるとの事でたまに行く様になりました。
お惣菜などは、沢山購入して冷凍して好きな時に使えますし、本当に便利ですね。スーパーは節約の為には、必要不可欠な場所だと思っています。今後もずっと利用していきたいなと思います。

ゲーム課金にお金を使い過ぎました

スマホのゲームアプリにはまってしまいました。
ひとつではなく複数のゲームに見事にはまつてしまいました。
最初は少しずつ課金していましたがイベントやガチャにどんどん課金してしまいした。
気が付いたらひと月に10万円以上も使っていました。
私は給料が出ると現金で翌月の生活費を妻に渡しています。
それがゲームの課金をしすぎて出来なくなってしまったのです。
こんなことを妻に言えるはずがありません。
考えた私は消費者金融から少しお金を借りてみることにしまた。
手続きはスマホで予想以上に簡単にできました。
消費者金融から借りたお金で何とか妻に気が付かれずに済みました。
妻はまだ気が付いていませんが、ゲームのしすぎには注意したいと思います。

消費者金融は第二のお財布

消費者金融は第二のお財布とも言うことができます。なぜならちょっとお金がないけれども突然の出費が生じた時に気軽に借りることができるからです。

例えば給料日前に財布の中身がほぼ空だった時にお金が必要になった時に友人にお金を借りるのはちょっと申し訳ない気もします。しかしキャッシングなどであればそれらを気にすることなく借りることができます。

そして給料日後には返済する金額を残しておいて次の給料日まで生活すれば良いのです。

もちろんキャッシングは計画的に使う必要がありますが、少しお金が必要な時に気軽に借りれる財布のような存在と言えるでしょう。